柊の日記

草月流いけばな【花スタジオ・クレアーレ】
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 家元講習会 | main | 家元講習会 Part3 >>

家元講習会 Part2

 講習会2作目は「花菖蒲」です。
本来、花菖蒲はいけるときに決まりごとがある花材です。
花と葉の特別な入れ方、葉組、又、第1花苞、第2花苞、一花五葉、水切り葉、等と云う言葉もありますが、今回私は基本的ないけ方ではなく自由にいけてみました。

花材:花菖蒲、フトイ、雪柳、アジサイ

基本では花菖蒲の茎は葉で隠すようにいけていきますがこれは、あえて菖蒲の葉を入れず茎を見せています。茎の直線を強調するようフトイを入れ爽やかな季節の1作にしました。三角形の器を2個組み合わせ上の器にはお水をたっぷり入れ涼を感じる作品です。



5月5日は「端午の節句」で菖蒲は「勝負」にかけて男の子が元気よく成長するように願って花菖蒲をいけますが、季節的には5月末、6月が一番見頃でお稽古でも安価に手に入ります。是非、皆さんも1年に1度は季節の花、菖蒲をいけてみましょう。

因みに、表参道「根津美術館」のお庭の杜若(かきつばた)、今、最高に綺麗です。 
草月 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-creare.com/trackback/4
この記事に対するトラックバック