柊の日記

草月流いけばな【花スタジオ・クレアーレ】
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 陶芸再開 | main | 銀座名店会 >>

柊の日記

ブログのタイトルを 「柊(ひいらぎ)の日記」と名づけました。

「柊」とは私の雅号「草柊」から取ったものです。私が雅号を頂いた年は2代目家元霞先生がお亡くなりになり、3代家元宏先生が襲名されるまでの空白の時で、初代家元の蒼風先生の奥様「葉満夫人」につけて頂いたお名前です。
柊は木に冬、なんだか冬の寒い時でも凛として真っすぐ立っていると云うイメージです。神聖なる柊に畏敬の念を込めて。
益々、精進していかなくては・・・・。

草月テキストが終了すると「雅号」を申請することができます。
皆様も頑張って素敵な雅号をゲットして下さい。
いけばな教室 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-creare.com/trackback/14
この記事に対するトラックバック